参加して支えたい|横浜こどもホスピスプロジェクト

参加して支えたい

ボランティア活動、チャリティイベント開催、物品寄贈など、多くの方々が様々な方法で、
私たちの活動とご家族を支えてくださっています。

チャリティイベント・講演会などを開催する

個人や団体が主体となって開催するチャリティ&募金イベント。
その募金や収益を「認定NPO法人横浜こどもホスピスプロジェクト」に寄付する形で支えていただく方法があります。
こうした取り組みは、こどもホスピスの理解促進にも繋がります。
こどもホスピスを応援する仲間として、是非、お力を貸してください。
こどもホスピスのパンフレットなどは、お問い合わせフォームの「資料請求」でご相談ください。

また、重い病気のお子さんとご家族を取り巻く現状やこどもホスピスの理解促進のために、
講演会や「いのちの授業」などに講師としてお招きいただくことも。
ご関心のある方は、お問い合わせフォームの「講師依頼/取材申込」よりご連絡ください。

星1

星2

たとえば、
こんなことができます

TOKYO YAMATHON

東京ヤマソンは、一般社団法人インターナショナルボランティアグループが主催するチャリティ・ウォーク。1チーム3~4人で、12時間以内にJR山手線の全29駅を踏破します。毎年1000人以上が参加し、2019年はチーム参加費の全額が横浜こどもホスピスプロジェクトに寄付されました。

TOKYO YAMATHON

講演会・いのちの授業

学校や塾などでもお話させていただいています。ともに生きる社会の担い手となる子ども達やご家族が、いのちについて考え話し合うきっかけになればと願っています。

講演会・いのちの授業

イベントや講演会の開催をご検討の方は、
お問い合わせフォームからご連絡ください

お問い合わせ

ボランティア・スタッフとして
参加する

私たちの開催するシンポジウムやチャリティーコンサートでは、毎回多くのボランティアにご協力いただいています。
2021年秋オープンの「横浜こどもホスピス~うみとそらのおうち」でも、利用されるご家族のために、素敵な空間と時間をともにつくってくださるボランティアを募集する予定です。

ボランティアやスタッフの募集は、「お知らせ」で随時ご案内させていただきます。
特別なサービス(マッサージ、アロマセラピー、ヘアカットなど)をご提供いただける方は、
お問い合わせフォーム「ボランティア・スタッフの募集について」よりご連絡ください。

たとえば、こんなことを
行っていただきます

イベントでのボランティア

夏のフェスティバルでは、プラネタリウム、ファッションショー、手作りおもちゃのワークショップなどを、ボランティアの皆さんと一緒に運営・実施。会場を彩った数十個のジャンボフラワーやファッションショーの花かんむりも多くの方が力を合わせて作ってくださいました。

イベントでのボランティア

ボランティア・スタッフでの
参加をご検討の方は、
お問い合わせフォームからご連絡ください

お問い合わせ

物品寄贈でこどもホスピスの力に

「横浜こどもホスピス~うみとそらのおうち」は、生命を脅かす病気のお子さんとご家族が、ホッと一息つき、病気を忘れて楽しい時間を過ごす場所。いつまでも記憶に残る「特別な一日」になるよう、環境を整えます。お子さんとご家族の望みを叶えるものや運営上必要なもののご寄贈も、応援のひとつの形です。

寄贈の際は、以下ご留意ください。

  • 寄贈品は、未使用のものをお願いいたします。
  • 施設で利用する生活消耗品、食品(賞味期限内のものに限る)、未使用切手・商品券・図書券などはいつでも助かります。
  • ご寄贈品の利用方法や保存方法は、当方に委ねていただくことをご了承ください。
  • 手作りの作品や思い出のものは、個々の想いが込められたお品です。ご希望に沿う形で管理・保管・利用することが出来ないこともありますので、お受け取りができない場合がございますことをご了承ください。温かいご支援・ご協力に深く感謝申し上げます。
  • 物品寄贈に関するご質問は、お問い合わせフォームの「その他」からご相談ください。

物品寄贈をご検討の方は、
お問い合わせフォームからご連絡ください

お問い合わせ

Copyright© 横浜こどもホスピスプロジェクト, 2021 All Rights Reserved.