応援アンバサダー第1号は『あかはなそえじ先生』!

昭和大学病院内さいかち学級の『あかはなそえじ先生』こと副島賢和先生が横浜こどもホスピスプロジェクトの応援アンバサダー第1号になってくださいました。入院中の子どもたちの「子どもとしての時間」や「自分でいられる安心な場づくり」を大切にして日々こどもたちと向き合う先生の眼差しは、限りなくあたたかい。そんな副島先生が「こどもホスピス」の理解促進に協力してくださいます!

副島 賢和(そえじま まさかず)
昭和大学大学院保健医療学研究科 准教授
東京都公立小学校教諭として25年間勤務。内8年間品川区立清水台小学校「昭和大学病院内さいかち学級」担任。2014年4月より現職「昭和大学病院内学級」を担当。学校心理士スパーバイザー。ホスピタル・クラウン。北海道こどもホスピスプロジェクト・アンバサダー。著作に『あかはなそえじ先生のひとりじゃないよ』(教育ジャーナル選書/15年)『心が元気になる学校』(プレジデント社/16年)『赤はな先生に会いたい!』(金の星社/18年)等。ドラマ『赤鼻のセンセイ』(日本テレビ/09年)のモチーフとなる。11年には、『プロフェッショナル仕事の流儀』(NHK総合)に出演。